セミナー情報

第24回 原研・兵県大合同コロキウム

日時: 平成19年 5月16日(水) 13:00〜
Date and time: 16th May (Wed.) 13:00〜
場所: SPring-8, 萌光館
Place: SPring-8, "HOUKOUKAN" seminar room
講演タイトル: Berry位相によるX線回折理論と磁性体の新しい光学現象
Title: Berry phase theory for x-ray diffraction and novel optical phenomena in magnets
講演者: 澤田桂 氏 (理化学研究所 石川X線干渉光学研究室)
Speaker: Dr. Kei Sawada (RIKEN, Coherent X-Ray Optics Laboratory)
Abstract:

ブラッグ条件近傍のX線の波束は、Berry位相と呼ばれる幾何学的な位相の寄与が 顕著に現れる。今回は、歪みをもつ結晶中のX線波束がBerry位相を感じることで 歪みの100万倍ものシフトをする現象を紹介する。また、このような新しい光 学応答を求めて磁性体に着目し、電気分極と磁性をあわせもつマルチフェロイク スと呼ばれる物質での光学現象を議論する。具体的には、電荷をもたないはずの 光に「ローレンツ力」が作用する現象や、光の電場・磁場・波数の「右手系」の 関係が入れ替わる「左手系」などについて述べる。

We reveal an anomalous feature of an X-ray wavepacket due to the Berry phase: the trajectory of the wavepacket has a shift of the center position in the presence of a crystal deformation. The shift of the wave packet is remarkably enhanced by several orders of magnitude in the vicinity of the Bragg condition.

We also focus on optical responses of multiferroics which have simultaneously ferromagnetism and ferroelectricity. Interesting phenomena are predicted such as a Lorentz force acting on a ray of light and a left-handed behavior of polaritonic states.