第45回 原研・兵県大合同コロキウム

日時: 平成20年6月19日(木) 15:00〜
Date and time: 19th May (Thu.) 15:00〜
場所: SPring-8, 萌光館
Place: SPring-8, "HOUKOUKAN" seminar room
題目: トポロジカル結晶の構造と物性に関する理論的研究
Title: Theoretical Studies on Structures and Physical Properties of Topological Crystals
講演者: 林正彦 氏 (秋田大学教育文化学部)
Speaker: Prof. Masahiko Hayashi (Akita University)
Abstract:

近年、リング状や円筒状など通常の結晶構造とは違う構造を持つ 単結晶が作成可能になってきた。その代表といえるものはカーボン・ナ ノチューブであるが、この他にもNbSe3, MoS2など、さまざまな 物質で同様なチューブ構造が見つかっている。特に、北大の丹田らのグ ループでは、NbSe3やTaS3でメビウスの帯状の構造も得ら れている。本講演では、トポロジカルに自明でない形状を持つ単結晶の 結晶学的な構造(位相欠陥配置)と、その物性(特に電荷密度波や超伝 導状態)の特徴に関する研究の現状について報告する。

Recently, single crystals with unconventional shapes, e.g., ring or cylinder, have been fabricated. Except for the carbon nanotube, which is the most representative example, many other materials showing similar structures have been found, such as NbSe3 or MoS2. Especially, Tanda's group in Hokkaido University has succeeded in forming Moebius strips of NbSe3 and TaS3. In this talk I will review recent studies on the crystallographic structures (dislocations) and the physical properties (especially CDW and superconductivity) in the single crystals with topologically nontrivial shapes.