セミナー情報

第50回 原研・兵県大合同コロキウム

日時: 平成20年11月27日(木) 16:00〜
Date and time: 27th Nov. (Thu.) 16:00〜
場所: SPring-8, 萌光館
Place: SPring-8, "HOUKOUKAN" seminar room
講演タイトル: 一次元強相関電子系におけるスピン・電荷分離の実時間ダイナミクス
Title: Real-time dynamics of spin-charge separation in one-dimensional correlated electron systems
講演者: 大西弘明 氏 (原子力機構・先端基礎研究センター)
Speaker: Dr. Hiroaki Onishi (Advanced Science Research Center, JAEA)
Abstract:

一次元強相関電子系の特徴のひとつとして、低励起状態が電荷密度とスピン 密度の二つの独立な集団励起モードとして記述される「スピン・電荷分離」 が生じることが挙げられる。本研究では、スピン・電荷分離の性質を、スピ ノン・ホロンの波束の実時間発展という視覚的な観点から理解するために、 一次元ハバード模型ハーフフィリングの基底状態に生成した波束の実時間ダ イナミクスを、時間依存密度行列繰り込み群法によって解析した。まず、電 子相関がない場合はスピノンとホロンが同じ速度で運動するのに対して、強 相関のモット絶縁体では、スピン・電荷分離を反映して、スピノンとホロン が異なる速度で逆方向に運動する様相を捉えた。一方、強相関モット絶縁体 を相互作用のない一次元鎖に接合したヘテロ構造では、その界面でスピノン ・ホロンの透過・反射が見られる。本セミナーでは、これらの解析結果につ いて議論したい。

To clarify the properties of spin-charge separation in correlated electron systems, we study the real time evolution of wavepackets carrying spinons and holons in a one-dimensional Hubbard model, using the time-dependent density-matrix renormalization group method. In the bulk, while spinons and holons move with the same velocity in the non-interacting chain, it is observed that in the interacting Mott insulator they move in opposite directions each with its own individual velocity. Thus, spin-charge separation is clearly observed. On the other hand, when the Mott insulator is connected to a non-interacting chain, the wavepackets created in the Mott insulator moving toward the non-interacting region exhibit interesting reflection and transmission properties at the interface between the two regions, that will be discussed in this presentation.